​◆トピック
spruce-tanban.jpg
ryosan.jpg
spruce.jpg
short.jpg
​◆ローズウッド,ハカランダ(ジャカランダ)について

 ギターの裏板や側板に使われる主な材料にローズウッドがあります。またハカランダ(ジャカランダ)という名もきっと良く耳にすることでしょう。特に日本ではハカランダは高級ギターの代名詞ともいわれ,ハカランダが使われているだけで,価格が大幅に上がる傾向にあります。そんなローズウッド,高級木材ハカランダについて解説します。

 

 ガーデニングをやる方であれば,ハカランダの苗が売られているのをご存じでしょうし,静岡県の熱海市では,メインストリートの街路樹がハカランダで,ハカランダの花を鑑賞するための大規模な公園まで整備されており,思いのほか身近な樹木であることが分かります。実は世間一般でハカランダ,ジャカランダと呼ばれている樹木は,ノウゼンカズラ科の樹木で,ギターに使われるハカランダとは,何の関連もない全く別の樹木なのです。一方ギターで使われるハカランダは,マメ科/ツルサイカチ属に属する樹木で,学名はDalbergia nigra,英名がブラジリアン・ローズウッドです。つまりブラジル産のローズウッドのことなのです。特にその中でも,ブラジル・バイーア州東部からリオデジャネイロにかけての地域で産出される良質なローズウッドを,別名ハカランダと呼んでおり,ハカランダという名の樹木があるわけではありません。ハカランダという名称の由来については,生育する地域であるアマゾン川の支流の名前だという説がありますが,ハカランダが産出される地域は大西洋側ですので,これについては疑わしいです。

 

 ハカランダはアメリカ大陸発見後,インド産ローズウッド(インディアン・ローズウッド)の代替材として北米を中心に家具などに使われはじめ,1960年以降ブラジル政府が,国内の木材加工産業の発展と保護のため原木の輸出を規制したことにより価格が高騰しました。さらに1992年にワシントン条約の絶滅危惧種(レッドリストI)に登録されたために,その希少性が高まり,最も高価な木材の一つになりました。特に日本のギター業界では,ハカランダ至上主義のようなものがあり,ハカランダを使っていれば,高価=音が良いと広く認識されているところがあります。しかしハカランダは,あくまでブラジルの一部地域で産出されるローズウッドであり,他のローズウッドと植物学的には変わらず,ハカランダが最上の材料であるという考えは,おそらく楽器メーカーや販売店のセールストークによるものだと考えられます。実際,インディアン・ローズウッドとハカランダの板を叩いて音を比較すると,インディアン・ローズウッドが「コンコン」という深みのある音に対して,ハカランダは「カンカン」というやや金属的な硬い音がします。これらのどちらが優れているというものではなく,これは音の好みによる違いだと言えます。またヨーロッパでは,古くからハカランダが使われてきたために,インディアン・ローズウッドより優れていると言う意見もありますが,これは単に,南米がかつてスペインやポルトガルの植民地であり,インドより輸入しやすかったというだけではないでしょうか。

 

 前述の通り現在ハカランダは,ワシントン条約で輸出入が禁止されていますが,すでに持っている材料を使い,ギターを作り販売する事は禁止されておりませんので,現在でもハカランダを使ったギターは生み出されています。しかし近年ではハカランダが国際条約で禁止されているという事も広く知られてきましたので,ハカランダという名称は使わず,中南米ローズウッド,ブラジリアン・ローズウッドという名前を用いることが多くなってきました。

 

 また2017年よりワシントン条約により,ハカランダだけでなく全てのローズウッド属の木材(世界中に約150種以上存在するツルサイカチ属 Dalbergia 全体)が,ワシントン条約の規制対象となりました。ローズウッドの在庫が国内にあるうちは,使用可能ですが,いずれ在庫がなくなれば新たな輸入が極めて困難ですので,近いうちにローズウッドを使ったギターはなくなってくることでしょう。どんな製作家,メーカーも,ローズウッドに代わる代替材料を何にするかが今後の大きな課題でしょう。

​インディアン・ローズウッド
インディアン・ローズウッド材
ハカランダ(ジャカランダ)
(マメ科/ツルサイカチ属)
ハカランダ材
ハカランダ(ジャカランダ)
(ノウゼンカズラ科)
ハカランダ
(ノウゼンカズラ科)の花
◆2017年よりワシントン条約の規制対象となったローズウッド属の木材(従来からの規制も含む)

上段:学名

下段:通称名

 

●Dalbergia nigra

 ブラジリアン・ローズウッド

 ハカランダ

 ジャカランダ

●Dalbergia latifolia

 イースト・インディアン・ローズウッド

 ソノケリン

 インドネシア・ローズウッド

●Dalbergia spruceana

 アマゾン・ローズウッド

●Dalbergia cearensis

 キングウッド

●Dalbergia decipularis

 チューリップウッド

●Dalbergia frutescens

 ブラジリアン・チューリップウッド

●Dalbergia stevensonii

 ホンジュラス・ローズウッド

 ニュー・ハカランダ

●Dalbergia retusa

 ココボロ 

 サザン・アメリカン・ローズウッド

●Dalbergia tucurensis

 ユカタン・ローズウッド

 パナマ・ローズウッド

 ニカラグアン・ローズウッド

●Dalbergia melanoxylon

 アフリカン・ブラックウッド

 グラナディラ

●Dalbergia baronii

 マダガスカル・ローズウッド

 パリサンダー

●Dalbergia maritima

 ボア・ド・ローズ

 マダガスカル・ローズウッド

●Dalbergia sissoo

 ノースインディアン・ローズウッド

●Dalbergia oliveri

 ビルマ・ローズウッド

 手違紫檀

 チンチャン

●Dalbergia cochinchinensis

 本紫檀

●Dalbergia cultrata

 カムピー・ローズウッド

 ラオス・ローズウッド

 ビルマ・ブラックウッド

 インダイク