​◆ギターの修理・修復・調整について

 私は,当工房を始める前は,浜松市楽器博物館にて学芸員をしており,ギターだけでなく古今東西あらゆる楽器を取り扱ってきました。修復は他の製作家が作った楽器を扱いますので,実のところ新たな楽器を製作するより難しい側面があります。その楽器に使われている材料,塗料,その時代の製作方法を的確に見分け,再現する必要があります。私はこれまでの経験によりこうした修復を得意としております。一般楽器店や工房で修理不能と断られた楽器や,一般には扱いにくい19世紀ギター等の古楽器の修理・修復も承ります。

 

 修復は一台ごとに状態が異なり,どこまで修復をするかにもよりますので,実物を拝見させていただき,作業内容を相談させていただきます。実物を拝見するのが一番良いのですが,遠方の方にはメールと写真で,おおよその見積もりも可能ですので,ご相談下さい。

 

 愛着のある楽器は高価な物でなくとも,壊れたからといって,簡単に手放せないものです。クラシックギター以外でも撥弦楽器ならば概ね対応可能です。特に古楽器については最も得意としておりますので,是非ご相談ください。

​◆主な修理と参考費用概算(税別)

● 表面板クラック(軽度なヒビ割れ):5,000円〜10,000円/1箇所・部分塗装込み

 

● 表面板クラック(重度なヒビ割れ・表面板裏面からの当て木):8,000円〜15,000円/1箇所・部分塗装込み

 

● 裏板・側板クラック(軽度なヒビ割れ):5,000円〜10,000円/1箇所・部分塗装込み

 

● 裏板・側板クラック(重度なヒビ割れ・裏側板裏面からの当て木):8,000円〜15,000円/1箇所・部分塗装込み

 

● ブリッジ浮き・剥がれ(軽度浮き・ブリッジ取り外しなし):5,000円〜10,000円

 

● ブリッジ浮き・剥がれ(ブリッジ取り外し・再接着):15,000円〜20,000円

 

● 表面板・裏板・側板打痕部分補修・塗装:2,000円〜5,000円/1箇所

 

● ネック反り(アイロン熱矯正):5,000円〜10,000円/修正回数による

 

● 牛骨サドル(下駒)新規製作・弦高調整:8,000円〜

 

● 牛骨ナット(上駒)新規製作・弦高調整:12,000円〜

 

● サドル,ナット弦高調整:3,000円〜5,000円

 

● フレット全面レベル調整(すり合わせ):3,000円〜10,000円

● ペグ(糸巻き)ネジ穴埋木・ペグ交換:5,000円(ノーブランド汎用品),12,000円〜(ゴトー 35G1600,40G2000など),35,000円〜(ゴトー スーパーマシーン 510シリーズ)

古い楽器で現在の軸間35mm以外のペグや単式ペグの交換も承ります。軸間40mmなど古い時代のサイズのペグも各種在庫がございます。
​◆お支払い方法

・お支払いは,基本的に現金または銀行振込でお願い致します。

・下記クレジットカードでの分割払いが可能です。

・カードご利用の場合は直接カードをご提示下さい。ネット上での決済はできません。